HOME > UNFCCCにおける議論の動向 > 各国のNAMA情報提供の状況

各国のNAMA情報提供の状況

コペンハーゲン合意に基づく各国のNAMAsの情報提供の状況

頭文字検索 (ご覧になりたい国名の頭文字をクリックして下さい)

各国のNAMAsの情報(原文)はこちら

  • WS資料1: 気候変動枠組条約の下での長期的協力の行動のための特別作業部会第14回会合(AWG-LCA14)における「途上国の排出削減行動に関するワークショップ」(2011年4月4日)で発表された資料。UNFCCCウェブサイト内当該ワークショップページ
  • WS資料2: 気候変動枠組条約の下での長期的協力の行動のための特別作業部会第15回会合(AWG-LCA15)における「開発途上国による適切な緩和行動に関するワークショップ」(2012年5月18日)で発表された資料。UNFCCCウェブサイト内当該ワークショップページ

2012年8月現在

国名 全体のGHG
削減目標
セクター毎の削減目標または
削減行動分野等の取組概要
基準年または
基準となる排出量
気候変動
計画の有無
その他
Tajikistan
(タジキスタン)
記載なし ●GHGインベントリ整備
●建築物、構造物の省エネ技術の改善
●適応・緩和対策の支援、キャパシティビルディング及び技術移転の支援
●再生可能エネルギー源の導入を通じた低炭素成長の開発
記載なし 記載なし 原文(英)
Togo
(トーゴ)
記載なし ●再植林によって2050年までに国土面積にしめる森林面積7%(2005年)から30%に拡大
●エネルギー効率の改善:公共交通機関、燃料転換、省エネ電球の普及等
●伝統的エネルギーの活用:バイオマスの利用、改良型炉の利用等
●再生可能エネルギーの推進:太陽光・風力・バイオガス・バイオマスの推進
記載なし 記載なし 原文(仏)
原文(日/仮訳)
Tunisia
(チュニジア)
記載なし ●固体・液体廃棄物の再利用を含む再生可能エネルギー開発行動
●代替エネルギー開発行動
●エネルギー効率・エネルギー合理的利用行動
●工業生産分野における行動
●植林/再造林、農業、および、森林伐採ならびに土壌劣化による排出量削減の分野における行動
記載なし 記載なし ※その他、各行動の具体的手法、および植林/再造林、農業、および、森林伐採ならびに土壌劣化対策に関する数値目標等についても記載(抄)
原文(英/仏/亜)
原文(日/仮訳)
ページの先頭へ戻る