HOME > UNFCCCにおける議論の動向 > 各国のNAMA情報提供の状況

各国のNAMA情報提供の状況

コペンハーゲン合意に基づく各国のNAMAsの情報提供の状況

頭文字検索 (ご覧になりたい国名の頭文字をクリックして下さい)

各国のNAMAsの情報(原文)はこちら

  • WS資料1: 気候変動枠組条約の下での長期的協力の行動のための特別作業部会第14回会合(AWG-LCA14)における「途上国の排出削減行動に関するワークショップ」(2011年4月4日)で発表された資料。UNFCCCウェブサイト内当該ワークショップページ
  • WS資料2: 気候変動枠組条約の下での長期的協力の行動のための特別作業部会第15回会合(AWG-LCA15)における「開発途上国による適切な緩和行動に関するワークショップ」(2012年5月18日)で発表された資料。UNFCCCウェブサイト内当該ワークショップページ

2012年8月現在

国名 全体のGHG
削減目標
セクター毎の削減目標または
削減行動分野等の取組概要
基準年または
基準となる排出量
気候変動
計画の有無
その他
The former Yugoslav Republic of Macedonia
(マケドニア)
記載なし ●発電セクター:EU規制の実施、大規模水力発電所建設による安定的なエネルギー供給、エネルギー効率の改善等
●産業エネルギー変電・熱セクター:化石燃料利用の削減、エネルギー効率の改善、再生可能エネルギーの増加等
●交通セクター:効率性の改善、公共都市交通の改善等
●廃棄物セクター:既存埋立処分場におけるGHG削減、メタンガス回収利用の導入、N2O排出削減、排水からのメタン削減
●農業・森林セクター:GHG削減のための法制度整備、農業セクターでのGHG削減技術の開発・導入、キャパビル
記載なし
その一部に「Climate Change Mitigation」
原文1(英)
原文2(英)
(ファイルの容量が大きいため、UNFCCCウェブサイトへリンクしております。)
Madagascar
(マダガスカル)
記載なし ●エネルギーセクター:再生可能エネルギーにかかる行動計画策定・実施、水力発電所の建設、省エネ電球の普及、薪節約型炉の普及等
●森林セクター:大規模な再植林の実施、湿地回復、保護区管理、REDDにかかる取り組みとそれによるGHG削減
●廃棄物セクター:バイオガス発電、固形・液体廃棄物処分場の活用
●農業セクター:種子の増産・普及、コンポスト製造・利用等
●交通セクター:バイオ燃料の活用、低公害輸送手段の導入・開発(公共交通等)
記載なし 記載なし 仏文レターに「CDM実施のための資金・技術・キャパビルの支援を要請」という文言あり
原文(仏)
原文(日/仮訳)
Malawi
(マラウイ共和国)
記載なし ●農業セクター:GHG排出量測定等
●廃棄物セクター:埋立地の建設、ごみの減量、コンポスト等
●エネルギーセクター:再生エネルギーの利用促進、省エネ等
●産業セクター:CSS技術の導入、環境規制の導入等
記載なし 記載なし WS資料2(英)
原文(英)
(p.11~12に掲載)
Maldives
(モルディブ)
2020年までにカーボン・ニュートラル アクション策定中で、その実施のために必要な支援(技術・財政・キャパビル)要請は登録予定。現在の緩和行動のサブミッションは、自主的かつ無条件である。 記載なし 記載なし 原文1(英)
原文2(英)
Marshall Islands
(マーシャル諸島)
2020年までに40%削減 記載なし 1990年比 2009年国家エネルギー政策・エネルギー行動計画 原文(英)
WS資料1(英)
Mauritania
(モーリタニア)
記載なし ●再植林で森林面積を2009年までに国土面積の3.2%、2050年までに9%増加、吸収源の増加
●エネルギー効率の改善、公共交通の促進、省エネ電球の普及
●伝統的な燃料の活用:バイオマスの活用、改善された炉の普及
●再生可能エネルギーの促進:太陽光・風力の推進(2020年までに880MW/時)、バイオガス技術の推進等
記載なし 記載なし 仏文
原文(仏)
原文(日/仮訳)
Mauritius
(モーリシャス)
記載なし ●再生可能エネルギーおよび省エネを優先 記載なし 「持続可能なモーリシャス」イニシアティブの一環として包括的な持続可能な開発プログラムの実施を開始 原文(英)
(p.30に掲載)
Mexico
(メキシコ)
●2012年までに51百万トン(CO2換算)の総量削減
●2020年までに30%削減
記載なし
(先進国からの財政的、技術的支援を国際合意の条項とすることを条件)
BAU 2009年Special Climate Change Programme(関連セクターの一連の緩和措置・適応措置を含む) 原文(英/西)
WS資料1(英)
WS資料2(英)
Republic of Moldova
(モルドバ)
2020年までに25%削減 地球規模の経済手法の実施を通じて削減目標を達成 1990年比 記載なし 原文(英)
Mongolia
(モンゴル)
記載なし ●エネルギー供給:再生可能エネルギーの推進(太陽光・風力・水力)、石炭の質の改善、熱ボイラーのエネルギー効率の改善、家庭用ストーブの改善、CHPプラントの改善等
●建設
●産業:エネルギー効率の改善
●交通:
●農業:生産性向上による家畜数増加の緩和
●森林:森林管理の改善、REDDの取り組み
記載なし 記載なし 原文1(英)
原文2(英)
Morocco
(モロッコ)
記載なし
ただし、個別のアクション毎に削減ポテンシャルを明記
●エネルギーセクター:1基3MWの小規模水力発電100基建設(2009~2030年、削減ポテンシャル715キロトン/年)、コンバインサイクル導入(2010年、削減ポテンシャル4038キロトン/年)等
●交通セクター:ラバトに2010年路面電車開通(削減ポテンシャル119キロトン/年)、鉄道の電化等
●産業セクター:モロッコセメントにおける20MW風力発電(削減ポテンシャル55キロトン/年)等
●廃棄物セクター:廃棄物管理国家計画に基づくメタンガス回収利用(削減ポテンシャル284キロトン/年)、2020~30までに80~90%下水処理(削減ポテンシャル336キロトン/年)
●農業セクター:農業用地の収益性向上(削減ポテンシャル2025キロトン/年)
●森林セクター:再植林計画に基づく再植林の実施(2013年までに50,000ヘクタール/年、2030年までに100万ヘクタール)(削減ポテンシャル209キロトン/年)、森林保全・火災対策計画の実施(削減ポテンシャルは評価中)
●住宅セクター
記載なし 記載なし 仏文
原文(仏)
ページの先頭へ戻る