HOME > UNFCCCにおける議論の動向 > 各国のNAMA情報提供の状況

各国のNAMA情報提供の状況

コペンハーゲン合意に基づく各国のNAMAsの情報提供の状況

頭文字検索 (ご覧になりたい国名の頭文字をクリックして下さい)

各国のNAMAsの情報(原文)はこちら

  • WS資料1: 気候変動枠組条約の下での長期的協力の行動のための特別作業部会第14回会合(AWG-LCA14)における「途上国の排出削減行動に関するワークショップ」(2011年4月4日)で発表された資料。UNFCCCウェブサイト内当該ワークショップページ
  • WS資料2: 気候変動枠組条約の下での長期的協力の行動のための特別作業部会第15回会合(AWG-LCA15)における「開発途上国による適切な緩和行動に関するワークショップ」(2012年5月18日)で発表された資料。UNFCCCウェブサイト内当該ワークショップページ

2012年8月現在

国名 全体のGHG
削減目標
セクター毎の削減目標または
削減行動分野等の取組概要
基準年または
基準となる排出量
気候変動
計画の有無
その他
Gabon
(ガボン)
●植林(16サブセクターで面積での目標を設定)
●エネルギー(電源開発、廃棄物管理など)
記載なし 記載なし ※森林サブセクターにおける目標値は、自国のみの行動と、国際的支援に基づく行動を併記。
原文1(英)
原文2(仏)
原文(日/仮訳)
Gambia
(ガンビア共和国)
WS資料2(英)
Georgia
(グルジア)
記載なし ●再生可能エネルギーへの投資 記載なし なし
(低炭素成長計画の作成を予定)
原文(英)
WS資料2(英)
Ghana
(ガーナ)
記載なし ●電力(新規水力発電・既存ダム改修・送電ロス率削減他)
●工業プロセス(随伴ガス漏洩防止)
●農業(焼畑等の禁止)
●交通(公共交通、ユーロ3導入他)
●住宅
●LULUCF
●廃棄物(コンポスト化、LFG回収、廃棄物量の抑制等)
BAU 記載なし 原文1(英)
原文2(英)
WS資料1(英)
India
(インド)
対GDP比20~25% 記載なし 2005年 記載なし 原文(英)
WS資料1(英)
Indonesia
(インドネシア)
26~41%
(自国のみの取組では26%)
●泥炭地の持続可能な経営
●森林破壊率を低減
●林業農業における炭素固定
●代替・再生可能エネルギー開発
●固形・液体廃棄物の削減
●低排出型交通モードへの転換
BAU
(国家気候変動行動計画)
緩和の部門は以下の通りにブレイクダウン。更に行動のブレイクダウンが記述され、数値目標が掲げられている
1.エネルギー
2.交通
3.工業プロセス
4.農業
5.森林経営
6.廃棄物
7.泥炭地管理
数値目標については、26%シナリオと41シナリオの両方について記述。
原文1(英)
原文2(英)
Israel
(イスラエル)
20% ●再生可能エネルギーシェアを10%
●電気消費を20%削減
BAU なし
(大臣間ステアリンク゛委員会設置の上、策定を準備)
原文(英)
ページの先頭へ戻る