HOME > UNFCCCにおける議論の動向 > 各国のNAMA情報提供の状況

各国のNAMA情報提供の状況

コペンハーゲン合意に基づく各国のNAMAsの情報提供の状況

頭文字検索 (ご覧になりたい国名の頭文字をクリックして下さい)

各国のNAMAsの情報(原文)はこちら

  • WS資料1: 気候変動枠組条約の下での長期的協力の行動のための特別作業部会第14回会合(AWG-LCA14)における「途上国の排出削減行動に関するワークショップ」(2011年4月4日)で発表された資料。UNFCCCウェブサイト内当該ワークショップページ
  • WS資料2: 気候変動枠組条約の下での長期的協力の行動のための特別作業部会第15回会合(AWG-LCA15)における「開発途上国による適切な緩和行動に関するワークショップ」(2012年5月18日)で発表された資料。UNFCCCウェブサイト内当該ワークショップページ

2012年8月現在

国名 全体のGHG
削減目標
セクター毎の削減目標または
削減行動分野等の取組概要
基準年または
基準となる排出量
気候変動
計画の有無
その他
Egypt
(エジプト)
記載なし ●農業廃棄物、植林、運輸、燃料転換、省エネの各セクター 記載なし 低炭素開発戦略の策定の必要性を認識 原文(英)
(p.8~10に掲載)
Ethiopia
(エチオピア)
記載なし ●電源系統への再生可能エネルギー起源電力提供(水力・風力・地熱・バイオ燃料)
●非電源系統への再生可能エネルギー起源電力提供(太陽光など)
●交通(鉄道計画)
●森林(植林による炭素固定等)
●農業
●廃棄物管理
BAU 記載なし ※個別のアクションにはブレイクダウンとして計画中のプロジェクトがあり。
原文(英)
Eritrea
(エリトリア)
記載なし ●温室効果ガスを管理・削減・防止する、エネルギー・交通・産業・農業・森林・廃棄物管理分野における技術や業務および手続きの調査・開発・適用・普及
●省エネルギー・エネルギー効率化プロジェクト
●森林減少・劣化対策プロジェクト
●農業土壌における二酸化炭素地中貯留プロジェクト
●炭素貯留量を高めるためのバイオマス資源・森林・陸生/沿岸/海洋生態系の持続可能な管理プロジェクト・プログラムの開発・履行
●沿岸管理・水資源・農業および洪水・間伐・砂漠化による影響を受けた地域保全と再生に対する適応および緩和行動を支援する適切な総合計画の開発および精緻化
記載なし 記載なし ※その他の普及啓発・キャパビル・GHGインベントリの作成等の取組も記載(抄)
原文(英)
ページの先頭へ戻る